マッサージが体にかける負担

マッサージは国家資格の按摩マッサージ指圧師を取得した人が行う医療行為です。保険に適用される筋麻痺と関節拘縮の治療に用いられます。
その技術を駆使して過剰な筋肉をほぐし、関節の可動域を広げる役割があります。

よって必要以上のマッサージは体に負担をかける恐れがあります。
筋肉をほぐすこと自体が長所と短所を併せ持っています。

名古屋のマッサージの最新情報を掲載しました。

筋肉を適切にほぐすと体の動きが楽になって、効率が良くなれば日常生活が快適に送れます。
しかし筋肉が緊張して固まっているのは、体が必要と判断しているためです。目的があって固くなった筋肉をほぐすと、別の部位がそれを補おうと負担がかかります。
筋肉の緊張をどのくらいまでほぐせば、快適な生活を送れるかという境界は見極めるのが困難です。

マッサージを受けて体が重くなるのは、2つの原因が考えられます。

まず筋繊維の損傷です。
軽度の筋肉痛を起こしますが、これは避けられません。

もう一つは、ほぐすという行為が不適切であることです。

有望なwikipediaに関する情報の一覧です。

体の負担を軽減するために緊張した筋肉をほぐして、さらに負担をかけてしまいます。
これらの短所を解決するためには、目的を明確にする必要があります。

池袋の岩盤浴の情報を公開しているサイトです。

筋麻痺や関節拘縮の症状があるならば、整形外科のリハビリテーションなど、国家資格を持ったマッサージ師や理学療法士などの施術を受けます。一方、筋肉に異常はないが、リラックスするために施術を受けたい場合は、国家資格を持たないサロンなどに通います。